アドセンス規約でワインやお酒アルコールは禁止?居酒屋やバーの紹介は?

目安時間:約 9分

アドセンスを実践されている方なら誰しも

Googleが規定しているアドセンス規約というものを

耳にされたことがあるかと思います

 

 

価値のないコンテンツとかパクリとかダメですよ!

といった感じの禁止事項等なのですが

お酒やアルコールに関する規定に関して

どう考えたら良いのかわからなかったりしませんか?

 

 

今回は、アドセンス規約における

お酒やアルコールについて絶対記事にしてはダメなのか

居酒屋やバーのおすすめとかも紹介できないのか?などなど

解説していこうと思います!

 

 

アドセンスでお酒、アルコールの話題は完全NGなの?

お酒、アルコールに関して取り扱った記事やページには

Googleアドセンスの広告がはれないことということは

アドセンスをされている方ならご存知のことだと思います

 

 

一方、なぜかワインやシャンパンに関しては

Googleは禁止コンテンツとして取り扱っていないので

ボジョレーヌーヴォーの時期などには安心して

記事にしていたのではないでしょうか?

 

 

でも、アドセンスにおけるアルコールやお酒の規約って

いまいちどういった線引きがされているのか

わからなかったりしませんか?

 

 

だって、普通にオクトーバーフェスの記事に

アドセンス広告がばっちり載っているのも見たことありますし

私が個人的に大好きでいつもチェックしている

お酒と居酒屋さんを紹介しているブログにも

アドセンス広告が掲載されています

 

 

そう、お酒やアルコールって

アドセンスの禁止コンテンツとされていますが

何が何でも完全にNGということではないのです

 

 

そこで、あらためてGoogleのページを確認してみますと

このように書かれています

 

 

アルコールに関連した特定のコンテンツを宣伝するページに Google 広告を掲載することは許可されていません。たとえば、次のようなコンテンツが該当します。

  • アルコール飲料のオンライン販売。
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒の奨励。https://support.google.com

 

 

とりあえず、ここを見てわかることは

アルコールを直接販売するサイトでは広告が載せられない

そして、お酒でどれだけ飲めるか競わせたり

ガンガン飲ませようと煽ったり無責任な飲酒を

薦めるなということですね

 

 

とは言え、これだけではまだまだ抽象的ですので

コンテンツとして、許可されるかどうか

実際に例示されているものを見ていきましょう

 

 

許可される

 

  • バーやパブの店舗案内
  • アルコール飲料会社がスポンサーになっているイベントを宣伝するページ
  • アルコール関連ブランドの商品を宣伝するページ
  • アルコール飲料の製造に関連する情報を提供している、またはそれに関連する商品を販売しているページ

 

許可されない

 

  • アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒を奨励するページhttps://support.google.com

 

 

許可される場合

お酒、アルコールのコンテンツかもしれませんが

単純にバーやパブなどを紹介することは問題ありませんし

居酒屋さんの紹介なんかも大丈夫ということです

 

 

アルコール飲料会社などがスポンサーとなっている

イベントの宣伝に関しても大丈夫です

(それこそ、オクトーバーフェスみたいなのですね!)

 

 

その他、アルコールの製造方法の情報の提供や

関連商品の販売に関しても許可されています

 

 

許可されない場合

では、どういった事が許可されないのかと言いますと

先ほども書きました通り、アルコールを

サイトから直接購入できるページであったり

過度に飲酒を煽り、それらを好ましいことと

描写するようなページとなっています

 

 

大体、見方がわかってきたような気がしますが

 

 

例えば、今日紹介したお店はとっても良い雰囲気で

皆で酔っぱらって最高でしたー!!なんて文言等でも

 

 

もしかすると、単なるお店紹介のつもりが

過度の飲酒を煽っていると受け取られて

警告がなされる可能性もあるということです

 

 

正直、許可されない場合の例は

販売に関しては直接じゃなかったらいいのか?と

曖昧に感じる部分も多いと言えますので

お酒やアルコールに関する記事を書かれる際は

注意を払うようにしてください!

 

 

ワインも実は禁止になった?

アルコールに関しての記事を書くのであれば

ワインやシャンパンなら禁止規約に抵触しないと聞き

今まで、記事を書かれてきた方多いのではないでしょうか?

 

 

ですが、注意してください!

 

 

実は2017年の夏、アドセンス規約の

アルコールに関するコンテンツが改訂され

それ以前までだったら、確かにワインやシャンパンに関しては

販売するサイトであっても認められていたのですが

 

 

上で引用した例を見てもわかる通り

ワインやシャンパンに関しての規定がなくなっているのです

 

 

アドセンス規約の改定やそれ自体にそこまで

目を通していないという方も多いと思いますが

現状では、ワイン、シャンパンもその他の

お酒、アルコールと同じ扱いがされていることが予測されますので

 

 

ワインなら大丈夫なんでしょ?と

うっかり楽天アフィリエイトや物販アフィリエイトの

広告を載せてしまっているという場合は

掲載を止めるようにしておきましょう

 

 

まとめ

今回は、アドセンス規約の禁止コンテンツである

お酒、アルコールについて解説してみました

 

 

お酒やアルコールに関しては

何が何でも記事にすることが禁止されてはいませんが

正直、日本語の文と英文と見比べてみても表現に幅があり

曖昧なところも多いと言える規約ですし

 

 

ワインやシャンパンは規約から消えてしまっているので

十分注意するようにしてください

 

 

あと、一度は禁止コンテンツに関して

目を通されておく方が良いでしょう

そして、改訂があった際もやはり

きちんと確認しておくようにしましょう

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ヨシのプロフィールです♬

こんにちは、ヨシです!

アドセンスとかアフィリエイトやってます!

 

30代男性、レッチリと「揺れ」を愛する声豚adsenser(造語)!!

 

2013年末アドセンス開始、3カ月で5万円突破、4カ月目で10万円突破突、5カ月目でアフィリエイトも合わせ20万円突破、以降順調に収益を伸ばしていくも見事にペナルティを受け収益がほぼ0円になり、吐きそうになるというかニートだったから吐いた。

 

後に、かなりの紆余曲折を重ねながら、現在は1つのブログやサイトに月数万円ほどの収益を目指すスタイルに変更し、ブログを量産中!

 

TOEIC800点以上、行政書士合格も元引きこもり、ニートのバンドマンで現在はDTMer兼変態アニメオタクです!

 

趣味は割と多いのでアドセンスはもちろん、そっちの話で盛り上がりましょう(飲みに行きましょう笑)!

 

詳しいプロフィールはこちらから

ネットビジネスの話一切なしなTwitter
ヨシのブログ応援してけろ♪
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
固定ページ